発表募集

対象分野:

エンタテインメントに関する理論的・実証的研究、各種応用システム開発やコンテンツ製作などを広く募集します。

例)
ゲームプレイングプログラム/ゲーム理論/ネットワークゲーム/ビデオゲームのための画像生成/インタラクション技術/演出手法/音楽生成/演奏支援/立体音響/エンタテインメントVR/複合現実感/エンタテインメントロボット/ウェアラブルエンタテインメント/エンタテインメント系携帯コンテンツ/バーチャルアイドル/エンタテインメント系Webデザイン/インタラクティブアート/メディアアート/電子玩具/テーマパークデザイン/エンタテインメントの認知科学/エンタテインメントの脳科学/その他エンタテインメントと情報処理に関する話題

投稿原稿

(i) 口頭発表形式: 論文(2ページ以上)、見学者向けフライヤー(1ページ)
(ii) デモ発表形式: 論文(2ページ以上)、見学者向けフライヤー(1ページ)、 フロアプラン(1ページ)
  1. 口頭発表は一般の見学者には非公開の、一人当たり持ち時間25分の登壇発表です。発表と質疑応答の時間配分は基本的には自由ですが、質疑応答に十分な時間を取るよう配慮ください。発表18分、質疑応答7分が標準で、質疑応答には5分以上確保いただくことが望ましいです。(2011/09/26 3:34 変更)
  2. デモ発表は一般見学者にも公開される、10月8日または9日のいずれか1日(6時間程度の予定)の対話形式の発表です。
  3. 口頭発表・デモ発表は、発表形式こそ異なりますが、論文は同一形式です。また、発表形式により、いわゆるショート・ロング等の格差・区別はありません。当然、両者の論 文とも論文賞の対象になります。なお、口頭とデモの両方で同一内容の発表をする場合には論文とフライヤーは一つずつで構いません。

投稿原稿フォーマット:

A.論文(口頭・デモ共通)
PDF形式、 2ページ以上、上限無し(標準は2-10ページ程度、デモムービー(オプション)を含めた容量制限を課します)

  1. 論文フォーマットは、以下の提供されるフォーマットを使用してください。Microsoft Word 形式およびLaTeX 形式があります。これ以外のアプリケーションで作成する場合は、可能な限りフォーマットをサンプルに合わせるようお願いします。
  2. カラー画像の掲載された原稿でもかまいません(配布は電子媒体で行われます)
  3. 提出いただいた原稿の右肩に「エンタテインメントコンピューティング2011」のロゴあるいは記名を行います(この追記は実行委員会側で実施しますので論文提出時には不要です)
  4. 投稿されたムービー(オプショナル)は論文と共に,当日配布のUSBメモリに入ります. (2011/08/13追加)
  5. 論文およびムービーの合計が40MBを超えないようにお願いします.(2011/08/13追加)

B.見学者向けフライヤー(口頭・デモ共通)
PDF形式、A4版横置き・フルカラー(300dpi程度推奨)・フリーフォーマット1ページ

  1. 印刷時は(ほぼ)A5 サイズへ縮小されます。
  2. レイアウトは自由ですが、展示場所情報などを掲載するため、各フライヤーの周囲に白い外枠を取りますのであらかじめご承知おき下さい。
  3. なおデモに関しては1件30秒のテザーセッションを行い,その際に本フライヤーを利用します.(2011/08/13追加)

C.フロアプラン(デモのみ)
PDF形式、A4縦置き1枚程度

  1. 以下にご注意の上(1)どのような機材がどのように配置されるか、と(2)配置される機材の総電気容量をご記載ください。
    1. 展示エリア面積は幅1.8m を基準としますが、必要に応じて 3m まで拡大することができます。(後日更新予定 2011/06/14 現在)
    2. 各展示エリアには長机1台と椅子1脚、およびポスター掲示用ボードを準備します。ポスタボードサイズはA0 (841 × 1189mm)  です。机1つ、コンセント1つが用意されます。 (2011/09/26 3:38 追加)
    3. 各展示エリアに提供される電源は100Vで、最大300W見当としております。
  2. なお、上記条件に当てはまらない下記件については、可能な限りご希望に添えるように努力しますので、フロアプランに明記の上、実行委員会会場担当者と調整をお願いします。お問い合わせの際にはメール件名(Subject)に[会場]と添え、こちらにご連絡ください。
    1. 3m四方より大きい面積が必須の場合
    2. 300Wを超える大容量電気機器が必要な場合
    3. 外光調整が必要な場合(暗い部屋が必須、など)


D 著作権譲渡契約書:
論文および見学者向けフライヤーの著作権譲渡に関して,契約書を下記リンクからダウンロードし,論文等と共にアップロードして下さい.(2011/08/13追加)
http://www.ipsj.or.jp/01kyotsu/chosakuken/joto.html
掲載誌名の欄には 「エンタテインメントコンピューティング2011 予稿集」 とご記入下さい.

査読と発表規模:

査読は口頭発表・デモ発表いずれについても行いませんが、プログラム委員会による論文内容と本会議の趣旨との整合性に関するチェックを行います。その結果、会議 の趣旨との整合性が著しく良くないと判断された場合、発表をお断りする場合があり ます。また、会場のキャパシティを超える件数のデモ申し込みがあった場合には、プログラム委員会で議論して発表をご遠慮頂く事があります。

原稿テンプレート:

EC2011_Format

投稿締切:

申込締切: 2011年7月23日(土)
原稿締切: 2011年8月23日(火) (厳守)

原稿投稿:

発表申し込み時にご記入いただいたメールアドレスに、投稿先URLをメールさせていただきます。今しばらくお待ちください。

承諾いただいたものについてのみ,下記2点をweb上で事前公開いたします.公開日は2011年9月1日を予定しています.この場合,公知日は事前公開の日となりますので承諾の際は留意ください.

  1. 見学者向けフライヤー
  2. 提出されたムービーを素材としたプレビュームービー

なお,ご自分でムービーをYoutube等にアップロードする際は, #ec2011 のタグをつけていただけると幸いです.